京大呼吸器外科 京都大学医学部附属病院呼吸器外科

京大呼吸器外科 京都大学医学部附属病院呼吸器外科
患者様お見舞いの方へ
学生・研修医・修練医の方へ

京大呼吸器外科トップ > 患者様、お見舞いの方へ > トピックス過去の記事 > 肺癌などの手術症例数が増加

呼吸器外科教室同門会冬季研究会

肺癌などの手術症例数が増加

京都大学呼吸器外科では、肺癌、悪性胸膜中皮腫、転移性肺腫瘍、胸腺腫などの悪性疾患に対する手術、肺移植やその他の呼吸器疾患に対する外科治療に取り組んでいます。手術症例数は順調に増加し、2013年は全身麻酔下の全手術症例数が474例と全国で最も多くの手術を行っている呼吸器外科グループの一つとなりました。2013年の原発性肺癌切除数は、210例におよび、その80%以上は、胸腔鏡手術で行いました。ロボット支援手術にも積極的に取り組んでおり、2013年には肺癌 7例、縦隔腫瘍 3例をロボット支援手術で行い、これまでの累積は20例(肺癌 12例、縦隔腫瘍 8例)となりました。
より確実、安全な手術を目指して努力しております。

京都大学呼吸器外科 手術症例数

 

バックナンバーへ

ページトップ


京大呼吸器外科トップページ交通・アクセス院内地図患者様・お見舞いの方へ学生・研究医の方へ

京都大学医学部付属病院呼吸器外科 Department of Thoracic Surgery, Kyoto University
©2001 Department of Thoracic Surgery, Kyoto University. All rights reserved.